古来より、安全の守護神として崇拝されてきた英彦山神宮での正式参拝。また、神宮への参拝の証・悪いものを寄せつけない御守りとして添田町に伝わる英彦山がらがら。その絵付けを体験することができます。

 

<英彦山がらがら>

朱色は太陽、青色は水を表している

歴史は古く、日本三大修験山として、古くから人々の信仰の対象となってきた英彦山。山全体に神秘的な雰囲気が漂い、最盛期には修験者を中心とした3,000人規模の集落があったとされます。

そもそも修験道とは、日本古来の山岳信仰に、仏教や道教などを取り込んで成立したものであり、多くの修験者は山に篭って厳しい修行を行ってきたようです。

国の史跡に指定されている参道を登りながら、信仰の歴史を感じてみましょう。

【プログラム工程】
13:00 銅の鳥居 集合 (~ガイド付き参道散策)
14:30 英彦山神宮 到着 (~英彦山がらがら絵付け体験)
15:00 英彦山神宮 奉幣殿 昇殿参拝
15:30 英彦山神宮 解散

 

▲参道の散策よりスタート ガイドの説明を聴きながら参道を登って行きます。参道は英彦山神宮に近づくにつれて石畳の階段が急になっていきますが、まだ楽ですね。ガイドの方と話しながらゆっくり登って行きます。

▲財蔵坊 ほぼ完全な形で残っている唯一の宿坊。土日祝日は宿坊の中が公開されているようです。

▲財蔵坊の囲炉裏 かつての営みを感じることができます。畳に囲炉裏…趣きがありますね。昔の参拝客はここで何を語らっていたのでしょうか。

▲松養坊(しょうようぼう) 現在も一般の方がお住まいの宿坊。山頭火なども宿泊したことがある由緒ある宿坊です。お住まいになられている方は松養(まつがい)さん。宿坊の名前にある通り、ご先祖は英彦山にお住まいでした。またここは参道の中間地点にあり、ここで休憩します。
※冬期(1月~3月)は閉館してるため、英彦山スロープカー花駅にて休憩、山伏文化財室を見学します

▲英彦山神宮まであと少し 傾斜がきつくなってきました…最後の石段が足にきます。もうひと踏ん張り!

▲英彦山神宮 奉幣殿 現在の建物は1616年に再建されました。2018年12月に修繕工事が行われ、朱色が鮮やかに蘇っています。

▲英彦山がらがらの生産者 篠崎さん 添田町に残る唯一の窯元でがらがらを作られています。ここでは英彦山がらがらの説明を受けます。80歳を超える今も積極的に英彦山がらがらの歴史や意義を広め、伝えていらっしゃいます。
※実施の回によっては篠崎さんがいらっしゃらない場合もあります

▲英彦山がらがらの絵付け体験 日本全国にある土鈴の元祖と言われる英彦山がらがら。あなたの想いを込めたがらがらをつくってください。

 

▲奉幣殿での昇殿参拝 神聖な空気に包まれて、法螺貝の音が響きます。なかなかできない体験なので背筋が伸びますね。

▲一緒に参拝いただいた英彦山がらがら 名入れにもご対応いただけます。ぜひ大切なひとに届けてください

 

今回の体験を通して、日々時間に忙殺される毎日から離れ、自分の足で神宮まで登り、自分の手で英彦山がらがらをつくり、参拝を通してあなたの想いを届けてみてはどうでしょうか。


【体験できること】
◆英彦山神宮へ続く参道の散策◆
多くの修験者、多くの参拝客が通ってきた参道をガイドの説明を聴きながら登ります。
◆英彦山がらがらの絵付け体験◆
地元で唯一残る英彦山がらがらの窯元が作った、素焼きの土鈴への絵付け体験を行います。
◆英彦山神宮での正式参拝◆
奉幣殿の中で正式参拝を執り行います。神聖な儀式となるため撮影はご遠慮ください。

【開催日程】
春季(4~6月)秋季(9~11月)の<第4>日曜日 13:00~15:30
※月ごとの開催日程については、下記申込ページにてご確認をお願いいたします。
※悪天が予想される場合は、お申込者に対して開催前日15:00までに、開催の有無のご連絡をさせていただきます。

【参加申込〆切】
開催2日前(金曜日)の18:00まで
※それ以降にお申込みをご希望の方はお電話にてお問合せをお願いいたします

【参加費用(税込)】
大 人(中学生以上) 5,000円
子ども(小学生以下) 1,000円
※未就学児(3歳以下)無料

【参加方法】
こちらより、参加希望日でのお申込みをお願いいたします
または、下記連絡先にご連絡の上、お申込みをお願いいたします。
<電話番号> 0947-82-1236
<Mail> soedahikoshohten@gmail.com

【集合場所】
〒824‐0721 福岡県田川郡添田町大字英彦山
『英彦山神宮 銅(かねの)鳥居』
※無料駐車場あり

【注意事項】
参道(石畳)を登ります。体調の優れない方や、足腰の弱い方、妊娠中の方などはご遠慮ください。
スロープカーを使って登ることも可能です(乗車は別料金になります)。ご乗車希望の場合は開催前日までにご相談くださいますようお願いいたします。
今回の体験プログラムの参加費用の中に保険は含まれておりません。安全を最優先に運営させていただきますが、怪我など事故が発生した場合にはすべての責任を取りかねます。ご不安な方は任意での保険加入をお願いいたします。